1. ヘルスケア情報 >
  2. 健康管理 >
  3. 睡眠・快眠・不眠 >
  4. 捻挫(ねんざ) >
  5. 首や肩が痛い…つらい寝違えの原因とは?知っておきたい正しい対処法まとめ

首や肩が痛い…つらい寝違えの原因とは?知っておきたい正しい対処法まとめ

朝起きた時に、「痛いっ、寝違えたかな」と思うことは誰にでも経験のあることだと思います。 寝違えはどのようなことが原因で起こるのでしょうか?寝違えた時の対処法なども知っておくとなった時にきっと役立ちますね。

1人の医師・医学生がチェック済み

背中や肩、首が痛む「寝違え」とは

捻挫(ねんざ) 背中や肩、首が痛む「寝違え」とは
出典:s-takanaga.com

寝違えとは、睡眠時の誤った姿勢が原因で筋肉や靱帯などに急性の炎症が起きることで、主に身体を動かした時に痛みを感じる状態のことを言います。
寝違えの多くは「肩甲挙筋」という筋肉の痛みによる運動不全により起きます。

寝違えは、脇の内側を通る腋窩神経(えきかしんけい)が圧迫されることによっても起きることがあります。

背中が痛い場合は、肩甲骨から背中上部にかけて激痛が生じることがあります。

また、寝違えがひどくなると「筋違え」が起き、首が痛くて動かせなくなることもあります。

筋肉に炎症がおきている

関節や筋肉、靱帯の損傷や炎症が原因で寝違えることがあります。
この場合、痛みがひどく長引く傾向があります。

脇にある腋窩神経の圧迫が原因とも

捻挫(ねんざ) 脇にある腋窩神経の圧迫が原因とも
出典:www.diylamer.com

寝違えの原因についてはいろんな説が溢れていますが、腋窩神経(えきかしんけい)に原因があるのではないかと考えられています。
脇のことを専門用語では腋窩と呼ぶことから、脇の通っている神経なので腋窩神経と呼ばれており、肩の下、首の骨の5番目と6番目のところから枝分かれして出てきた神経の一部のことです。

寝違えは肉離れの一種

寝違えは肉離れの一種であるとも言われています。
肉離れと言うのは、筋肉が断裂しダメージを受けた状態のことです。
寝違えは筋肉の炎症ですが、あまりにも不自然な姿勢で長時間睡眠したことによって筋肉を痛め、肉離れを起こすことがあります。

「ぎっくり腰」と「寝違え」は、症状の出る場所は違いますが、いずれも筋肉や靱帯への過度の負担が原因と言われています。

肩こりとの違い

寝違えは睡眠時の姿勢によって引き起こされますが、肩こりはデスクワーク、猫背、前かがみなどの良くない姿勢、運動不足、冷えなど生活習慣が原因で引き起こされるという違いがあります。
寝違いは通常の肩こりとは違い急性で症状もきつく現れることが多いようです。

寝違えの原因

捻挫(ねんざ) 寝違えの原因
出典:5min-massage.com

寝違えの原因はズバリ「寝返りを打てなかったから」です。
寝返りを打てない原因について以下をご覧ください。

寝方

首や身体を不自然に折り曲げたり、縮こまった姿勢で寝ていると筋肉や関節に余計な負担がかかってしまい寝違えることがあります。
疲れていたり、泥酔した状態で眠ると、寝返りを打つことができないため首に負担がかかってしまいます。

ベッドは体が沈んでしまいやすいので、寝返りが打ちにくくなるなります。
また、一か所に圧力が集中しやすいために血液や水分がそこに集中することも布団より寝違えが起きやすい原因とされています。

枕が合っていない

捻挫(ねんざ) 枕が合っていない
出典:www.nemutaya.com

枕が高すぎる、硬すぎる、柔らかすぎると寝違えが起きやすくなります。
頭蓋骨、首をしっかり支え、不自然な圧力が一か所にかからないような枕が理想です。
低い枕や枕なしで寝ると、横になった時の角度がよくないので返って首を痛めてしまうかもしれません。
枕の高さや硬さが自分の身体に合ったものを探してみてくださいね。

ストレス

ストレスがたまると背中や腰の筋肉が緊張し、首に負担がかかりやすくなるので寝違えが起こることがあります。
また、ストレスが溜まると睡眠の質が低下し、自然な寝返りも打てなくなるので不自然な自然が長時間続くことにもつながります。

内臓の不調

内臓は筋肉とつながっていますから、内臓が弱ると関係する筋肉が硬くなって縮んでしまいます。
それをかばうために体は楽な方へ体を傾けます。
起きている間は調整して前を向いていられますが、眠っている間は楽な方へ体を向け、しかもじっとしていて動かないという状態が続くため寝違えを起こしやすくなります。

寝違え?首筋以外が痛いときは違う可能性も

捻挫(ねんざ) 寝違え?首筋以外が痛いときは違う可能性も
出典:minnakenko.jp

寝違えの原因は上記のものだけではありません。
病気が隠れている可能性もあるのです。
首以外が痛い時は特にそう言えます。
どのような症状があるのでしょうか?

肩甲骨の痛みは内臓機能の低下

寝違えて肩甲骨が痛い場合は、肝臓の機能が弱っている可能性があります。
肝機能が低下すると筋肉にも負担がかかり、寝違えなどの筋肉の炎症を引き起こすことにつながります。

頭痛や吐き気、目の奥の痛みはくも膜下出血の可能性も

寝違えた時に起こる頭痛と、くも膜下出血の時に起こる頭痛と、痛みや場所が似ていることが多いです。

「頭痛」という共通点があっても、くも膜下出血の場合は突然起こる、首筋の後ろ側が痛む、バットで殴られたような激しい痛みがある、吐き気や目の奥の痛みを感じるなどただの寝違えとは明らかに違う症状ですので、そのような症状が出た場合はすぐに病院へ行きましょう。
くも膜下出血は命に関わる病気です。

頻繁に寝違えるなら首の病気の疑いが

捻挫(ねんざ) 頻繁に寝違えるなら首の病気の疑いが
出典:profile.ne.jp

最近多いのが、ストレートネックで、うつむく姿勢が続く人に多く見られます
本来、頸椎は30~40度の前湾角度で頭の重みを分散させていますが、パソコンやスマートフォンの画面に集中し過ぎて頭が前へシフトした姿勢が続くと頸椎の湾曲がなくなり、だんだんと真っすぐな状態になってしまいます。
このようにしてストレートネックになってしまうと首が頭の重みに耐えられず、首や肩のコリがひどくなったり、持続的な負担が寝違えを頻繁に起こすようになります。

首が寝違えた時と頸椎椎間板ヘルニアは症状が似ていますが、障害の内容は全く違います。
頸椎ヘルニアは頸椎の圧迫による首の痛みが原因なので、症状が重い場合は手術療法が必要になる場合もあるので、頻繁に寝違える、激痛である場合は頸椎ヘルニアの疑いもあるでしょう。

寝違えの対処法

捻挫(ねんざ) 寝違えの対処法

朝、寝違えて「痛いっ!早く治す方法があればいいな」と思ったことがあるはずです。
ついつい、痛い首をマッサージしたくなりますが、実はNGです。
間違った対処の仕方は、症状を返って悪化させてしまいます。
以下の方法で、痛みとさよならしましょう。

まずは冷やす!

寝違えは炎症を起こしている状態ですから、「冷やす」のが一番です
アイスノンをタオルで巻いて痛むところに10分ほど当てて、その後外してまた10分ほど待ちます。
これを3~4セット行うとよいでしょう。

冷湿布はズキズキして痛みに耐えられない場合を除いては使わないほうがいいでしょう。
なぜなら、湿布は痛みを抑える効果はありますが、固まった筋肉をほぐす効果はなく、逆に血流を悪くしてしまうからです。

肩をすくめる

首を無理に動かそうとするのではなく、首から少し離れた肩の筋肉に働きかけてほぐす方法です。
ショルダーシュラッグとも呼ばれるものですが、両肩を上にむかってすくめます。
その時、両腕は力をダランと抜いてくださいね。
ゆっくりとすくめた肩を一気にストンと下ろします。
15~20回を目安に行ってみてください。

首は回さない!

首が痛いし、回らない時こそ、何とか回るようにグルグルと首を回したくなるかもしれませんが、無理に回すのはやはりNGです。
寝違えた時は、いろいろとするのではなく、痛みを感じる部分を触らない、安静にさせるのが一番なのです。

「ゴッドハンド輝」のストレッチ方法

捻挫(ねんざ) 「ゴッドハンド輝」のストレッチ方法
出典:commonpost.info
捻挫(ねんざ) 「ゴッドハンド輝」のストレッチ方法
出典:dual-lab.com

少年漫画「ゴッドハンド輝」で、紹介された方法が目からウロコモノなのです。
ぜひ、お試しあれ。

ネックサポーターで負担を軽減

Dr.magico ネックサポーター

Dr.magico ネックサポーター

2,268円

頭を支えて頸部をしっかり安定・固定。
首にかかる負担を軽減する首サポーター。

寝違えた方や首に悩む方はもちろん。
飛行機や夜行バスなど、長時間の乗り物中などで首が疲れる方にもおすすめです。

サイトで購入

首を支えて、頭にかかる負担を軽減してくれるサポーターです。
少し動いただけでも電流が走るように痛いという方は首を固定するとだいぶ楽になるようです。

ツボ押し:落枕(らくちん)

寝違えや、首のコリに効果的です。  手の甲側、人差し指と中指の付け根の間、ぽこっとした骨の下のくぼみを押します。予防にも効果的ですので、よく寝違えるという方は日常的に落枕のツボを押すといいでしょう。

寝違えや、首のコリに効果的です。 手の甲側、人差し指と中指の付け根の間、ぽこっとした骨の下のくぼみを押します。予防にも効果的ですので、よく寝違えるという方は日常的に落枕のツボを押すといいでしょう。

出典:206.jp

寝違えた時には東洋医学のツボを押して痛みを改善することができます。
中でも「落枕」というツボは、中国語で「寝違え」という意味があり寝違えのツボとして有名です。
左右の手を1回10秒を3セット押して、ツボを刺激してみてください。

放っておいても大丈夫?

ほとんどの場合、寝違えは自然治癒します。
急性症状は通常2~3日で、その後はどんどん軽くなっていくのが普通です。
長くても7~10日で完治するでしょう。
それでもよくならない場合は、他に病気が疑われます。
病院へ行って診てもらいましょう。

寝違えた時にやってはいけないこと!

捻挫(ねんざ) 寝違えた時にやってはいけないこと!
出典:tooharuka.jp

寝違えた時には、やって効果のあるものと、確かに効きそうな気がする方法もありますが逆効果になるものがあります。
正しい知識を身に着け、改善にお役立てください。

首や肩をマッサージ

ついつい手が首や肩をマッサージしたくなりますが、血行が良くなると炎症が広がり、症状を悪化させることがあります
専門家のマッサージは効果がありますが、素人がやるのは避けた方がいいでしょう。

温かいお風呂やシャワー

寝違えは炎症を起こしている状態ですので、温めるのはよくありません。
温めて血行が良くなると、痛みがひどくなることがあります。
寝違えの基本は「冷やす」ことです。

温湿布

温かいお風呂が寝違えに逆効果な理由と同様に、寝違えた時は温湿布で温めるより、冷湿布を使う方がよいでしょう。

寝違え対策・予防法

捻挫(ねんざ) 寝違え対策予防法

もう寝違えの痛みは御免と思っているあなた!対策と予防をしてみませんか?
忙しい人でもちょっとの努力でできることばかりですよ。

適度な運動

同じ動作の繰り返しの生活をしていると、使わない筋肉も出てきます。
日頃あまり使わない筋肉は、軽く運動をして、血行を良くして、負荷を減らしてあげることが必要でしょう。
特に首や肩が凝っている人は、気が付いた時に伸びなどをしてほぐすようにしてみてください。

自分に合った枕を選ぼう

捻挫(ねんざ) 自分に合った枕を選ぼう

理想的な枕は、仰向けで寝た時に首の角度が15度くらいになる高さで、寝返りがスムーズに打てるものとされています。
また、横向きになった時、顔の中心線が水平になるのベストです。
なかなかぴったりの枕が見つからない場合は、タオルなどで調整するといいですね。

枕なしは自然な寝返りが打ちにくいので、できれば枕は使った方がベターと言えます。
なぜ枕をするのかというと首から腰にかけて骨がS字カーブを描いているためその基点となる頸部(首)を無理なく支えるために枕が必要だからです。

栄養バランスを整える

暴飲暴食、飲みすぎ、栄養の偏りなどがあると内臓が不調になり、内臓から筋肉に悪い影響が及び寝違えの原因になることがあります。
普段から栄養バランスをよく考えた食生活を意識することで寝違え対策になります。

寝る直前の食事によって、睡眠中にまで内臓が働くことにより負担を受け、筋肉を緊張させ寝違えを起こすことがあるので就寝の数時間前に食事を済ませるような食生活の改善を図ることもできるでしょう。

寝違いが治らない場合は病院で治療を!

捻挫(ねんざ) 寝違いが治らない場合は病院で治療を!

寝違えくらいで病院になんて行きたくないと思うかもしれませんが、寝違えは筋肉の障害や靭帯の捻挫であって立派な怪我なので、痛みや症状が長引く場合は事故だと思って受診してください。

大人は整形外科、子供は小児科へ

整形外科ではレントゲンを撮って、首の回りの骨や筋肉の異常を調べ、湿布で炎症を抑えるというのが一般的な治療です。

子どもの場合、症状を上手に伝えることができないので小児科にまず受診しましょう。
子どもが首が痛いという場合は、リンパ腺が腫れていたり、おたふく風邪だったりする場合もあるからです。
小児科に受診してただの寝違えであった場合は経過観察で湿布が出される程度ですが、これは整形外科でもほぼ同じ対応ですので、子どもの場合は小児科がベストなのです。

最終更新日: 2016-11-20

タグ:
捻挫(ねんざ)

記事に関するお問い合わせ

コメント
コメントが送信されました。承認後、表示されます。

「睡眠・快眠・不眠」に関する記事

睡眠・快眠・不眠の記事は他にも多数!

首や肩が痛い…つらい寝違えの原因とは?知っておきたい正しい対処法まとめ
首や肩が痛い…つらい寝違えの原因とは?知っておきたい正しい対処法まとめ
睡眠時無呼吸症候群はどんな検査をするの?診断基準・治療のガイドラインについて
睡眠時無呼吸症候群はどんな検査をするの?診断基準・治療のガイドラインについて

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。