1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 手の病気・症状 >
  4. 肩関節周囲炎 >
  5. 腕が上がらない!四十肩五十肩の原因、症状、治療を徹底解説

腕が上がらない!四十肩五十肩の原因、症状、治療を徹底解説

腕を上げ下げする時に起こる肩の痛み、それは四十肩五十肩かもしれません。服に袖を通す、髪をとかすなどの動作が痛みでしずらくなります。この四十肩五十肩、肩こりとはどんな違いがあるのでしょうか。年齢に関係あるのでしょうか。気になる症状や治療法について見ていきたいと思います。

1人の医師・医学生がチェック済み

四十肩五十肩とは?

肩関節周囲炎 四十肩五十肩とは?
出典:gahag.net

肩から腕にかけての痛み、腕が上がらないなどの症状が見られる四十肩五十肩。
正式には「肩関節周囲炎」と言います

40歳代以降に発症することが多く、肩関節の痛み、関節の動きが悪くなり関節拘縮が見られるため、凍結肩とも呼ばれています。

腕を動かすと痛む運動痛、眠れないほどの痛みが出る夜間痛が特徴です

四十肩と五十肩の違いは?

四十肩と五十肩、何か違いがあるのでしょうか。
どちらも同じ肩関節周囲炎であり、一般的に40代で発症した場合は四十肩、50代で発症した場合は五十肩と呼ばれているという程度の違いです。

20代・30代でもなる可能性はある?

肩関節周囲炎 20代30代でもなる可能性はある?
出典:www.freepik.com

四十肩五十肩の原因ははっきりしていませんが、病態としては肩関節周囲組織の劣化、変性による炎症が見られます。
組織の劣化、変性を引き起こす要因の一つに血行不良が挙げられます。
長時間のパソコンワークや前かがみの姿勢、運動不足による肩関節周囲組織への血流の減少、肩関節を酷使する職業(美容師、電気配線業者、内装業者など)に従事している場合などは四十肩五十肩を発症する要因になりえます。
***
20代や30代でもこのケースに当てはまる場合は、年齢に関係なく発症することがあり注意が必要です。

肩こりとの違い

肩関節周囲炎 肩こりとの違い
出典:www.freepik.com

四十肩五十肩と似た症状に肩こりがありますが、どの様な違いがあるのでしょうか。
四十肩五十肩と肩こりは、基本的には別の疾患とされています
肩こりは姿勢が悪かったり緊張などにより肩や首の筋肉が疲労し血流が悪化、筋肉内に老廃物が停滞し、それに伴い肩に痛みや張り、だるさなどが発生するものです。
また10年以上と長期にわたり患い、両肩に発症することが多く見られます。

四十肩五十肩は、肩関節の組織に炎症が見られ、肩の痛みや首の痛みだけでなく、腕が上がらないなど肩の動きの制限が見られます

また、四十肩五十肩、肩こりとも更年期に関与していると言われています
更年期では筋肉、粘膜、血管などのはりや弾力を保つ作用のある女性ホルモン、男性ホルモンが減少します。
そのため肩周囲の筋肉や組織が弱くなり、筋肉疲労や炎症を起こしやすくなると言われています。

似た症状がある疾患

肩~腕の痛み、肩関節の痛みなど四十肩五十肩と似た症状が現れる疾患がいくつか挙げられます。
疾患により治療法が違ってくるため、正確な診断が大切になります。

①石灰沈着性腱板炎(石灰性腱炎)

40~50歳代の女性に多い疾患です。
突然の肩関節の激痛、運動制限が見られます。
四十肩五十肩と症状は似ていますが、この疾患は肩の腱板内にリン酸カルシウム結晶が沈着することで炎症が生じ引き起こされます。

②肩腱板断裂

40歳以上の男性、右肩に多く発症します。
肩甲骨と上腕骨をつないでいる腱板の断裂で起こります。
四十肩五十肩との違いは、運動痛はありますが肩の挙上が可能で、拘縮があまり見られないことです。

③頚椎症

中年~高齢者に多く発症します。
加齢に伴う椎間板(首の骨と骨ををつなぐクッションの役割)の変性(弾力低下など)により、頸椎の変形が起こり、神経根(神経の枝)や脊髄を圧迫、刺激し症状が現れる疾患です。

肩甲骨付近や肩~腕にかけての痛みが見られ、四十肩五十肩の症状とも似ていますが、頸部の痛みから、進行すると手足のしびれ、歩行障害、排泄障害が現れてきます。

④関節リウマチ

20~50歳代の女性に多く発症します。
関節内の滑膜とよばれる組織が異常増殖し、関節に慢性炎症を起こし関節が破壊されていく疾患です。
手足の指関節から始まり、進行すると肩関節を始め大きな関節にも及びます。

四十肩五十肩とは違い、関節リウマチでは全身症状(貧血、微熱、倦怠感など)、関節の変形、関節症状の左右対称性などが見られます

原因は?

中高年に多いと言われる四十肩五十肩、原因は明らかではありませんが、肩関節周囲組織の劣化、変性による炎症が病態として挙げられます。

どの様なメカニズムで発症するのでしょうか?
まずは、肩関節のしくみから見ていきましょう。

肩関節のしくみ

肩関節周囲炎 肩関節のしくみ

肩関節を構成している骨は、上腕骨、肩甲骨、鎖骨です。
この関節は、肩甲骨の関節窩(2つの骨が組合さる凹部分)はくぼみが皿状で浅く、上腕骨の関節頭(凸部分)は球状のため結合部のはまりが弱く、不安定で脱臼しやすい状態です。

肩関節周囲炎 肩関節のしくみ
出典:www.joa.or.jp

これらの骨を「腱板」や「靭帯」がつなぎ、肩関節をスムーズに動かす役割の「髄液包」、外圧から守るクッションの役割の「関節包」で覆われています。

「靭帯」や「腱板」(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の4つの筋肉群のこと)は肩甲骨から上腕骨に向かって伸び、バンドの様に関節をつなぎ補強し、深部で関節を支えています。
腱板は、腕を上げたりねじったりする動作をする時に大切な役割をします。

「滑液包」は腱板と骨の間にあり、腕を動かす時に腱板がスムーズに動くよう働きます。
滑液包には、肩峰下滑液包、三角筋下滑液包などがあります。

「関節包」は、内側の滑膜、外側の線維膜で構成され、滑膜からは滑液が分泌されています。
この滑液は関節がスムーズに動くように潤滑剤の役割をします。
肩関節の関節包は上腕骨関節頭と肩甲骨関節窩を包み、外圧から守るクッションの役割をしています。

可動域(関節の動く範囲)が広く運動量の多い肩関節は、この様にいくつもの組織により何層にもわたり構成されているため、複雑な動きが可能になっています。

肩関節周囲組織の変性による炎症

四十肩五十肩は、これら組織(筋肉、腱板、靭帯、滑液包、関節包など)の弾力が失われたり変性することで炎症が起き、発症すると言われています。
炎症が起こる部位は、肩峰下滑液包、関節包、腱板などです。

関節包に炎症が起きると関節包内の滑膜で分泌される滑液も減少、潤滑力が下がり関節包の伸びも悪化し癒着、さらには関節拘縮が始まり、関節の可動域が狭くなり痛みも強くなります。

この様な肩周囲組織が変性する原因としては、いくつか挙げられます。

老化に伴うもの

腱板などの組織は40歳頃から老化が始まると言われています。
老化による退行性変化で組織の強度や弾力性が低下、それに伴う血行不良により組織がダメージを受け、炎症を引き起こしやすくなります。
40代以降に発症例が多いのも、この老化によるものが原因となっているからです。

血行不良

組織への血行不良も原因の一つです。
血液が十分に巡らないと栄養不足になり、組織の脆弱化につながります。
老化だけでなく血行不良になる誘因は多々あります。

①肩を固定した同一姿勢:長時間のパソコンワーク、デスクワークなど
②肩より上に腕を上げる動作:美容師、電気配線業者、内装業者など
③運動不足
④前かがみの姿勢 など

長時間にわたり肩が固定されていると筋肉や腱板は固まり血行が停滞します。
また肩より上に腕を上げる動作は血流の減少、そして肩関節に過度な負担が掛かり組織が損傷しやすくなります。
運動不足は関節を動かさないことで血流が減少し退行変性が進みやすく、前かがみの姿勢は筋肉のバランスや血流が乱れ、各組織に負担が掛かり、後に炎症につながります。

症状について

肩関節周囲炎 症状について
出典:www.freepik.com

急性期(炎症期)

肩から腕にかけた痛み、しびれ

四十肩五十肩は、肩や腕に何となく違和感を感じながら、ある日、腕を動かした時に突然、肩に鋭い痛みが発生することで始まります。
片側の肩のみに症状が現れることが多いです。

日常生活でのちょっとした動作は、たいてい肩関節が動きます。
髪を洗う、髪をとかす、結髪する、シャツを着る、上着に袖を通す、エプロンのひもを結ぶなど、とても多いことが分かります。
これら日常生活動作で肩関節の痛みが現れ、次第に痛みの部位も広がり上腕や前腕に及び、しびれを伴うこともあります。

症状が進行するとほんの少しの動きでも肩に激痛が走り、動かすことに恐怖を覚え、動かさない様になってしまします。
動かさないことで肩関節の動きが悪くなり、肩や腕を上げる、後ろに回すといった動作が困難になってきます。

夜間痛

徐々に動作による運動時痛のみでなく、安静時にも痛みが出てきます。
寝返りの動きでズキッとしたり、夜間にズキズキと眠れないほどの痛みが発生することもあります。

慢性期(拘縮期)

肩関節のこわばり

慢性期に入ると安静時の痛みは治まってきます。
しかし痛みへの恐怖心で動かさない様にしていた結果、肩がこわばって動きが悪くなり、関節の動かせる範囲が制限されてきます。

肩関節の可動域制限

肩関節のこわばりにより、関節の可動域(動かせる範囲)が制限されてきます。
それに伴い肩や腕を上げる、後ろに回すといった動作が困難になってきます。

腕を自由に動かせない

肩関節周囲炎 腕を自由に動かせない

肩関節の可動域が狭まることで、腕が上がらなかったり、自由に動かすことができなくなります。
肩関節の可動域はとても広く、前後、横、上へと動き、日常生活でのさまざまな動作を可能にしています。
この可動域の制限で、衣服の着脱、髪の整容など日常の簡単な動作も困難になり、生活に支障を来すこともあります。

自然治癒はできる?痛みが治まるまでの期間は

四十肩五十肩は、一般的には時間の経過と共に快方に向かいます。
急性期の痛みは約2週間、慢性期が約6ヶ月と言われ、回復期を経て1年~3年で回復すると言われています。

放っておいても自然に治ることもありますが、痛みのため肩や腕を動かさずに放置していると、日常生活が不便なだけでなく、組織の癒着が起こりさらに動きが悪くなり、回復が遅れてしまいます。

早く回復するためには、医療機関での適切な治療が必要です。

五十肩の病期は症状の推移から三期に分けられ、一般に発症から約2週間の急性期、その後約6ヵ月間の慢性期を経て回復期に至る。
回復経過に1年前後を要するとされる。

治療方法

肩関節周囲炎 治療方法
出典:www.pakutaso.com

治療の方針は大きく分けて、痛みの緩和と関節可動域の改善の2つがポイントになります。
治療方法としては、安静、薬物療法、温熱療法、運動療法になり、急性期、慢性期、回復期で症状に合わせ治療を行っていきます。
整形外科に通院しながら治療するのが一般的です。
肩関節外来が設置されている病院もありますので、適切な治療が受けられる医療機関を調べてから受診すると良いでしょう。

急性期の治療について

肩関節周囲炎 急性期の治療について
出典:www.joa.or.jp

安静

急性期では、まず痛みの緩和が大切です。
三角巾やアームスリングなどを使用し、患部の安静を図ります。
重い荷物を持ったり、肩関節に負担をかける動作を控えるようにします。
患部に熱感があり炎症が強い場合は、アイシングや冷湿布で患部の炎症を抑えることも必要です。

薬物療法

痛みに対しては、薬物療法が有効です。
非ステロイド性消炎鎮痛薬の内服や注射、パップ剤などの外用薬も効果が見られています。
筋肉の緊張を和らげるために筋弛緩剤や精神安定剤を使用することもあります。

痛みが強い時は、患部である肩峰下滑液包内や肩関節腔内に直接ステロイド剤と局所麻酔剤の混合液や高分子ヒアルロン酸ナトリウムを注射することもあります。
ステロイド剤は抗炎症作用が強くとても有効ですが、免疫力低下や骨を弱めるなど副作用の心配があります。
通常ステロイド剤は、痛みが強い時に1回、もしくは1週間後にもう1回程度の頻度で使われます。

ヒアルロン酸はもともと滑液にある成分のため、注射をしても大きな副作用が見られず、加齢などにより減少したヒアルロン酸を直接補うことで、関節の動きをスムーズにし、また痛みや炎症を抑える効果もあると言われています。
ヒアルロン酸ナトリウムの注射は、週1回の投与を3~5回続けると効果が現れてきます。
その後は少しずつ投与の間隔を拡げていきます。

慢性期の治療について

肩関節周囲炎 慢性期の治療について
出典:www.freepik.com

温熱療法

慢性期では痛みは落ち着いてきますが、関節の拘縮が始まります。
関節の動きを良くするためには患部を温める温熱療法が効果的です。
血行が良くなり組織の改善が図れ、治癒力が向上します。
カイロや温湿布の貼用、ホットパック、肩用サポーターの着用で肩を保温し、またぬるめのお風呂でゆっくり入浴し温めるのも良い方法です。

ヒアルロン酸ナトリウム関節注射

急性期からヒアルロン酸ナトリウムの関節注射は行われますが、慢性期は運動療法などと組み合わせながら投与していきます。
急性期から合わせ3~4ヶ月間に10回程度の投与で拘縮の改善が見られます。

ヒアルロン酸はもともと滑液にある成分で、加齢により減少したヒアルロン酸を補うことで徐々に関節に効き組織の治癒を促し、治療期間の短縮も期待できると言われています。

ヒアルロン酸ナトリウム注射の1回当たりの費用は、病院によって違いもありますが保険適用で大体2,000~3,000円位です。

冷湿布・温湿布の貼り方

冷湿布

冷湿布は、急性期の炎症を抑える目的で使用されます。
湿布自体、冷やす目的はあまりないため、ぬるくなったからと頻繁に貼り換える必要はありません。
また長時間貼っていると皮膚にかぶれなどが起こるため3~4時間ではがし、続けたい時はしばらく皮膚を休めてから再度貼るのが良いでしょう。

温湿布

温湿布も炎症を抑える目的で使用します。
血管を拡げる効果があり血流を増やし、組織の血行改善の助けになります。
温湿布に含まれる成分は皮膚への刺激が強いためかぶれやすいです。
3~4時間で貼り換えるようにし、入浴前は1時間程はがしておいてから入りましょう。

皮膚に温感を与えるトウガラシエキス、合成トウガラシのノニル酸ワニリルアミド及びニコチン酸エステルなどが含まれています。
これらの成分は局所の血管を拡げ、患部の血流増加により腰痛、肩こりを改善することに期待できます。

引用元: www.miyayaku.or.jp

【動画付き】運動療法・リハビリ

痛みが弱まってきたら肩関節の拘縮予防と可動域の改善のため運動療法などリハビリを始めます。
肩を温めながら少しずつ動かしていきます。
始めは無理をせず医師や理学療法士の指導の下に行いましょう。
痛みがほとんど治まる回復期に入ったら、より積極的な運動を行い、筋力アップを図っていきましょう。
少しずつでも毎日継続していくことが大切です。

コッドマン体操(アイロン体操)

肩関節周囲炎 コッドマン体操(アイロン体操)

この体操は、肩甲骨と上腕骨の間の動きを促すことで、徐々に肩関節の可動域を拡げ組織の拘縮や癒着を改善をさせていく体操です。
重りの遠心力を利用するため、無理なく自然に可動域を拡げる効果があります。

壁を使ったストレッチ

肩関節周囲炎 壁を使ったストレッチ

この体操は、反対の腕や身体の動きの助けを借りながら、自分で動かせる範囲を拡げていく体操です。

滑車運動

肩関節周囲炎 滑車運動

滑車の動きを利用し、健康側の腕で痛い方の腕を引っ張り上げて可動域を拡げていく体操です。

棒体操

肩関節周囲炎 棒体操

ほうきや杖など両手で握れる棒状のものを利用します。
痛みの程度に合わせてゆっくりと両手で棒を持ち上げます。
健康側の腕を一緒に使うため、痛みのある肩の動きを助けます。

痛みの程度に合わせ、腕を後ろに回す動作の訓練もできます。

まとめ

老化だけでなく日々の動作や姿勢が原因でも発症する四十肩五十肩、デスクワークやパソコンの多用で同一姿勢や前かがみの姿勢が日常化している、まさに現代病とも言えます。
進行すると日常生活に支障を来すこともあるため、肩や腕に違和感を感じたら早目に受診し、早期発見、早期治療できるようにしていきましょう。

最終更新日: 2017-04-16

タグ:
肩関節周囲炎

記事に関するお問い合わせ

コメント
コメントが送信されました。承認後、表示されます。

「手の病気・症状」に関する記事

手の病気・症状の記事は他にも多数!

腕が上がらない!四十肩五十肩の原因、症状、治療を徹底解説
腕が上がらない!四十肩五十肩の原因、症状、治療を徹底解説
【画像付き】ばね指におすすめのサポーターと正しいテーピングの巻き方まとめ
【画像付き】ばね指におすすめのサポーターと正しいテーピングの巻き方まとめ
ばね指はどうしたら治るの?原因・症状・治療方法まとめ
ばね指はどうしたら治るの?原因・症状・治療方法まとめ
知っておきたい!突き指になった時の正しい応急処置と治療法
知っておきたい!突き指になった時の正しい応急処置と治療法
腱鞘炎の原因や症状と対処法|サポーターや市販薬、治療法を詳しく紹介
腱鞘炎の原因や症状と対処法|サポーターや市販薬、治療法を詳しく紹介

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。