1. ヘルスケア情報 >
  2. メンタル・心の悩み >
  3. 人間関係 >
  4. 全般性不安障害(全般性不安症) >
  5. 不安神経症の症状をチェック!治療法はどんなものがあるの?

不安神経症の症状をチェック!治療法はどんなものがあるの?

慢性的に難じる漠然とした不安感や体の不調など、さまざまな症状が現れる不安神経症。症状が重くなると日常生活に支障をきたし、仕事が続けられなくなることもある精神疾患です。そんな不安神経症をセルフチェックする方法と治療法について、詳しくまとめました。

1人の医師・医学生がチェック済み

不安神経症とは

不安神経症では、何らかの過剰な不安と心配が生じ、6カ月以上慢性的に不安や心配が続きます
本人が精神状態の異常を感じることが難しいため、身体症状に異変がみられてから病院で検査を受けるケースがほとんどです。
検査を受けても身体自体には異常が見つからないため、不安神経症(全般性不安障害・下記)を発症していることに気付かず、治療の機会を逃してしまうことも少なくありません。

不安神経症と似た症状を持つ自律神経失調症などと誤診されることもあります。

誤った治療を続けたり病気に気付かなかったりすると、パニック障害などの精神疾患を併発することもあります。

全般性不安障害(GAD)

全般性不安障害(全般性不安症) 全般性不安障害(GAD)

GADの症状

全般性不安障害の患者数は、パニック障害の患者数より多いとされています。
全般性不安障害では、次に挙げるようなさまざまな症状がみられます。

  • 自分では制御することができない過剰で漠然とした不安(浮動性不安)
  • 警戒心
  • 筋肉の過度の緊張
  • 自律神経機能の亢進

具体的な精神症状としては、次に挙げるようなものがあります。

  • そわそわとして落ち着かない
  • 集中できない
  • 記憶力の低下
  • 根気がなくなる
  • 刺激に対して過敏になる
  • イライラして怒りっぽい
  • 人と会うのが煩わしい
  • 些細なことが気になる

具体的な身体症状としては、次に挙げるようなものがあります。

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 筋肉の緊張
  • 震え
  • めまい
  • 悪寒
  • 動悸
  • 息切れ

GADの原因

GADの患者が持つ不安や心配の原因は、ある特定のことに限定されるわけではありません。

家庭生活や仕事、学校、近所付き合い、地震や大雨などの災害など、あらゆるのものが対象となります。
自分の力ではどうすることもできないことについても深刻に悩んでしまい、不安や心配を制御できなくなってしまいます。
その結果、心や身体の調子が悪くなり、日常生活に支障をきたすようになってしまうのです。

GADのセルフチェック

GADは、自分の状態を診断基準と照らし合わせることで、セルフチェックをすることができます。

  • (仕事や学業などの)多数の出来事または活動に対する過剰な不安と心配(*)が、起こる日のほうが起こらない日より多い状態が、少なくとも6か月間にわたる。
  • 上記の不安と心配を自分で制御することが難しい。
  • (*)の不安と心配には、次に挙げる症状のうち3つ以上を伴っている。
    • 落ち着きのなさ、緊張感、過敏
    • 疲労しやすい
    • 集中困難、心が空白になる
    • イライラする
    • 筋肉の緊張
    • 頭痛、頭が重い
    • 震え、動悸、めまい、息苦しさ
    • 頻尿、下痢
    • 首や肩のこり
    • 睡眠障害(寝つきが悪い、途中で目が覚める、通常より2時間以上早く目が覚める、落ち着かず熟眠感のない睡眠)
  • 不安、心配、身体症状に著しい苦痛を伴う。
  • 不安、心配、身体症状は、社会的・学業的・職業的・家庭的に支障をきたしている。

「はい」が「いいえ」の数を上回る場合は、全般性不安障害の可能性があります。

パニック障害

全般性不安障害(全般性不安症) パニック障害

パニック障害の症状

吐き気や動悸を伴う急性の強い不安の発作(パニック発作)を繰り返すことがパニック障害の特徴です。

以前は不安神経症の一部に含めて扱われていましたが、まとまった病像の特徴を持つため、独立した疾患として扱われるようになりました。
パニック障害が独立して扱われるようになったことで、不安神経症は全般性不安障害(GAD)とパニック障害とに二分されました。

パニック障害は決して珍しい病気ではなく、日本における患者数は1,000万人超といわれています。

実はパニック障害とは決して珍しい病気ではなく、今や日本の患者数だけでも1000万人超、10人に1人が経験する症状なのです。

引用元: www.web-jpa.com

パニック障害の原因

パニック障害になる詳しい原因は解明されていません。
現時点では、脳内ノルアドレナリン系の過敏・過活動やセロトニン系の機能不全など、脳機能の異常によって引き起こされるとする説が有力になっています。

実験的な研究において、パニック障害の患者は乳酸や炭酸ガス、カフェインなどに敏感で、発作が誘発されやすいことが確認されています。
また、過労や睡眠不足、風邪といった身体的悪条件や、日常生活におけるストレスなども発症や発作のきっかけとなることが分かっています。

パニック障害のセルフチェック

全般性不安障害(全般性不安症) パニック障害のセルフチェック

ここで、パニック障害のセルフチェックをご紹介します。

  • 次に挙げるような「パニック発作」があるか?
    • 動悸や心拍数の増加
    • 発汗
    • 体の震え
    • 息切れ、息苦しさ
    • 窒息してしまうような感じ
    • 胸痛、胸部の不快感
    • 吐き気、腹部の不快感
    • めまい、ふらつき、気が遠くなる感じ
    • 現実ではない感覚、自分が自分自身から離れていく感覚
    • 自身の制御が不能になる恐怖、気が狂うことに対する恐怖
    • 死ぬことに対する恐怖
    • 麻痺やうずくような感覚
    • 冷感や熱感
  • 次に説明する「広場恐怖」があるか? 広場恐怖:逃げようにも逃げられない、または逃げたら恥をかくような場所や状況にあることや、予期せずパニック発作が起きたときに助けを求められない場所や状況にあることに対しての不安がある。
    (例:家にひとりでいるとき、混雑や列の中にいるとき、バスや電車で移動しているときなど)
  • パニック発作が起きる場所や状況を回避しているか? (例:乗り物に乗らない、外出しない、人混みに出掛けないなど)
  • パニック発作が起きる場所や状況を回避してはいないが、パニック発作が起こることを非常に強い苦痛や不安を伴いながら耐え忍んでいるか?
  • パニック発作が起きる場所や状況では、常に同伴者を必要とするか?
  • 予期しないパニック発作が繰り返し起こるか?
  • パニック発作の後1か月間以上、以下の項目があったか?
    • さらに発作が起こるのではないかという心配が継続する
    • 発作またはその結果がもたらすこと(制御を失う、心臓発作を起こす、気が狂う)に対する心配
  • パニック発作が起こるようになってから行動が変化した

上記の項目に多く当てはまるほど、パニック障害の可能性が高いということになります。

全般性不安障害(GAD)とパニック障害の違い

「パニック障害のセルフチェック」の1番でご紹介した症状。
これは、パニック障害の診断に用いられるガイドラインに規定された、パニック発作の13の症状になります。

この13の症状のうち4つ以上に当てはまり、さらに他の診断基準を満たせばパニック障害ということになります。
パニック発作の13の症状のうち、該当する症状が4つ未満の場合は全般性不安障害(GAD)ということになります。

不安神経症の治療方法について

全般性不安障害(全般性不安症) 不安神経症の治療方法について

全般性不安障害の治療

治療の流れとは

全般性不安障害の改善を目指すうえで、病院での治療は欠かせません。

病院では、薬物療法と精神療法による治療が行われます。
全般性不安障害は自然治癒するものではないため、治癒を目指すには病院で適切な治療を受ける必要があります。

軽症の場合は通院での治療が可能ですが、重症の場合は入院が必要になることもあります。

処方される薬の副作用について

全般性不安障害の治療には、次に挙げる2種類の薬が主に用いられます。

  • 抗うつ剤(SSRI) シナプスのセロトニンの再吸収に作用することで、うつなどの症状に効果を発揮する選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)は、全般性不安障害(GAD)にも効果的とされています。

副作用には、食欲不振・増加、体重減少・増加、性欲異常などが挙げられます。

  • 抗不安薬 「セルシン」などベンゾジアゼピン誘導体には、不安をやわらげたり気持ちを落ち着かせたりする作用のほか、筋肉の緊張を取り除く効果もあります。
    即効性がある代わりに、継続的に使うと依存症になるリスクがあります。
    そのため、使用料を最小限に抑えるよう心がける必要があります。

タンドスピロン(商品名「セディール」など)は、不安や緊張、睡眠障害、うつなどの症状に効果を発揮します。
効果が現れるまでには2~4週間ほどかかるものの、ベンゾジアゼピン誘導体に比べると依存症になるリスクは抑えられます。

治療にかかる期間

薬物治療による効果が現れて全般性不安障害の症状がなくなっても、再発を予防するためにさらに6カ月から1年程度の服薬期間が必要になります。

よって全般性不安障害の治療には1年程度の期間を要すると考える必要があります。

パニック障害の治療

全般性不安障害(全般性不安症) パニック障害の治療

パニック障害の治療の流れ

パニック障害の治療は困難で、その症状に対する確かな効果が期待できる治療薬が存在しません。
そのためパニック障害に対しては、薬物療法や心理療法など幅広い治療が行われることになります。

処方される薬の副作用について

パニック障害の治療には、全般性不安障害の治療にも用いられるベンゾジアゼピン誘導体、SSRIのほかに、三環系抗うつ薬(TCA)が用いられます。

ベンゾジアゼピン誘導体とSSRIのどちらも効果がない場合に用いられるのが、三環系抗うつ薬(TCA)。
セロトニンが神経に取り込まれないようにしてセロトニン量を増加させ、パニック障害の原因となる不安を緩和する効果が期待できます。

三環系抗うつ薬(TCA)の副作用には、眠気、口渇、便秘などが考えられます。
副作用は服用開始当初にもっとも強く現れ、服用開始後2週間ほどで副作用は治まります。

治療にかかる期間

パニック障害の治療期間は個人差が大きく、患者によってまちまちです。
ここでは、治療期間の目安をご紹介します。

薬物療法開始後3~4週間ほどで、パニック発作が軽減されます。
パニック発作がなくなるのは、治療開始後3か月ほど経ってからです。
全般性不安障害(GAD)と同じように、症状がなくなってからも薬物療法を続ける必要があります。

徐々に薬を減らしていき、治療開始後1年から1年半ほどで服薬を終わらせることができます。

薬を使わないで改善する方法

生活習慣を見直す

全般性不安障害(全般性不安症) 生活習慣を見直す

生活習慣を改善し自律神経のバランスを整えることも、不安神経症の改善には効果的です。
そのためには、次のことに注意する必要があります。

  • 睡眠不足や起床時間を改善する
  • 運動習慣を身に付ける
  • 規則的な食生活
  • お酒やカフェインはほどほどに

4つの精神療法

全般性不安障害(全般性不安症) 4つの精神療法

不安神経症には、次の4つの精神療法が用いられます。

認知行動療法(CBT)

認知行動療法では、患者が苦痛を感じる原因となっている歪んだ考え方、感じ方を見つけ、それを検証、修正していくことで治療を行います。

電車に乗ることが怖いケースを例に説明します。

電車の中で発作が起きたとしましょう。
パニック障害は場所や状況と関係なく起こる病気です。
つまり、「電車に乗ったから発作が起きた」のではなく、「発作が起きたときにたまたま電車の中にいた」ということになります。

しかし、「電車に乗ったから発作が起きた」(電車=パニック発作)と間違えて理解してしまうと、次に電車に乗ることが怖くなってしまうのです。
この「電車=パニック発作」という間違った理解を修正していく治療法が認知行動療法です。

森田療法

森田療法とは、慈恵医大精神神経科の初代教授、森田正馬が創始した精神療法です。
森田療法の特徴は、次の2つにあります。

  • 神経症の不安や恐怖は、排除するのではなく受け入れることで、その囚われから離れるものである
  • 自分の中にある健康な力や自然治癒力を最大限に生かす

恐怖や不安は、生きようとする欲望と表裏一体のものであり、人間なら誰もが持っている自然な感情です。
神経症の状態では、こうした不安や恐怖を不必要なものとして排除しようとするあまり、かえって不安や恐怖にとらわれてしまい、症状が悪化するという悪循環を招いてしまいます。

森田療法では、不安や恐怖をあるがまま受け入れ、自分らしい生き方を実現することを目指します。

支持的精神療法

精神療法の中でもっとも基本的な治療法、それが支持的精神療法です。
患者の話に耳を傾けることで、患者が持つ悩みや不安を理解し、それを支持します。
そうすることで患者の気持ちを楽にさせ、精神的に自立させることを目指すものです。

精神分析療法

治療を目的とするのではなく、患者が精神に障害を負った原因を分析するために用いられる治療法です。

自分をリラックスさせる

全般性不安障害(全般性不安症) 自分をリラックスさせる

不安神経症には、自分自身をリラックスさせるという治療法もあります。

呼吸法

全般性不安障害(全般性不安症) 呼吸法
出典:www.ntv.co.jp

心を落ち着かせる方法に深呼吸があります。
呼吸と自律神経の間には深い関わりがあります。
我々は無意識のうちに呼吸をしていますが、これは自律神経の働きによるものです。

自律神経に支配される運動のうち、唯一自分で意識することができるものが呼吸です。

呼吸によって自律神経に働きかけることで、身体をリラックスさせることができるのです。

リラックスする呼吸法、それは腹式呼吸です。
腹式呼吸の中でも、丹田を意識した丹田呼吸法はおすすめです。

体の力を抜いて、へその下あたりの丹田に手を当て、時間をかけてゆっくりと息を吐いていきます。
その際、口をすぼめるようにして息を吐くと、ゆっくりとした長い息を吐くことができます。

お腹のスペースが小さくなるまで、お腹の中の空気をすべて吐き出すイメージを持つことが大切です。
こうして息を吐いている時間に大きなリラックス効果を得ることができるのです。

息を吐ききって、限界まで下腹部がへこんだら、今度は下腹部に空気を入れて膨らませていくイメージを持ちながら空気を吸います。
その際、できるだけ自然に鼻から空気を吸うようにします。
お腹いっぱいに空気を吸い込んだら3秒ほど息を止め、それから再び息を吐いていきます。

これらの動作を繰り返し行い、5~10分ほど続けます。
呼吸に合わせて体の緊張がほぐれていくイメージを持ちつつ行うと、よりリラックス効果が高まります。

漸進的筋弛緩法(ぜんしんてききんしかんほう)

緊張させた状態から筋肉の力を抜くと、脱力しやすくなります。
これを利用して、リラックス状態を身に着けていくリラクゼーション法が、漸進的筋弛緩法です。

普段、我々の体には自ずと力が入った状態になっていて、筋肉は適度に緊張した状態になっています。
それは、非常の際にすぐに動けるように備えているためで、人間の動物としての本能の名残ともいえます。
そのため、リラックスしようと筋肉を緩めても、思うようにリラックスできないのです。

筋肉の緊張がほぐれやすいのは、実は筋肉が緊張した直後といわれています。
特定の筋肉に意識を向けながら意図的に強い緊張状態を作り、その緊張状態を一気に緩めるとスムーズに脱力ができます。

こうした筋肉が緩む感覚を体に経験させることで、身体の緊張状態とリラックス状態の違いを身体に覚えさせていきます。

自律訓練法

リラックス状態を自己暗示によって作り上げていく方法です。

リラックス状態をイメージすることで、身体にその感覚をしみこませていきます。
日本でも1952年の導入以降、医療に限らず教育やスポーツなどさまざまな分野で取り入れられています。

漢方薬治療

全般性不安障害(全般性不安症) 漢方薬治療

漢方薬に効果はある

漢方薬には、全般性不安障害やパニック障害の治療効果もあるといわれています。

わたしは生まれてからずっとお薬をしっかりと飲んだことがなかったので、抗うつ剤を数週間飲んだだけで、副作用がひどく出て症状が悪化し、5年間もパニック障害・不安障害・うつで苦しんでいました。

4年前漢方に出会って、飲み続けていますが副作用もわたしには一切なく、パニックやうつの症状を和らげてくれて、また他に抱えていた問題も緩和してくれました。

引用元: blog.livedoor.jp

不安神経症には、いろいろなアプローチの方法があります。
たとえば、漢方の力を使って治療をするという方法もあります。
漢方の世界では、不安神経症は気の乱れが関係していると考えます。

処方される漢方薬

抗うつ剤や抗不安薬より副作用が少ないのが漢方薬の特徴です。
そのため、長期間に渡って服用することができる一方で、 即効性は期待できません。

漢方薬は、ゆるく穏やかに少しずつ時間をかけて効いてくるものです。

抗うつ剤や抗不安薬と併用されることもあります。
もちろん個人差があることを忘れないようにしましょう。

仕事は休める場合がある

全般性不安障害(全般性不安症) 仕事は休める場合がある

不安神経症になってしまったら仕事はどうしたらよいでしょう。
症状が重かったり、仕事によって症状が悪化すると考えられたりする場合は、思い切って休職するのもひとつの方法です。

労災認定はされる

全般性不安障害やパニック障害による労災の申請は可能です。
ただし、労災が認定されるためには、業務による心理的負荷が認められ、それ以外の心理的負荷や個体側要因が認められないなど、の基準を満たす必要があります。

仕事復帰へのポイント

仕事に復帰してから不安神経症を再発させないためには、いくつかのポイントがあります。

不安神経症の原因の1つに、仕事の量が挙げられます。
膨大な仕事をひとりで抱え込んでしまったために、不安神経症を発症してしまうことは少なくありません。
不安神経症の患者の多くは、責任感が強く真面目な性格の持ち主です。
仕事に復帰した後は、上司と相談して自分がこなせる適量の仕事を与えてもらうようにしましょう。

いざというときに気軽に相談できるよう、上司や同僚と良好な関係を築いておくことも大切です。

不安神経症の人との接し方

全般性不安障害(全般性不安症) 不安神経症の人との接し方

いつも通りに接する

なるべく自然に、いつも通りの接し方をするよう心がけるようにしましょう。
患者に対して気を使いすぎると、その不自然な接し方が患者に伝わり、かえって患者を傷つけてしまうことにもなり兼ねません。

苦しみを理解しようとする

不安神経症になったことがない人が、その患者の気持ちを理解することはとても難しいものです。
しかし、患者のつらさや苦しさを理解しようという姿勢を持つことが大切です。
自分のつらさを理解してもらえていると感じると、患者は安心して心強く感じるものです。

もしも発作を起こしたら

患者がパニック発作を起こしたら、周囲の人は慌てないことが大切です。
周囲の人は、落ち着いて冷静に対応することに努めるようにしましょう。

パニック発作は患者の不安が高まった時に起こりやすくなります。
その不安を落ち着かせれば、徐々に発作も落ち着いてきます。

悩みすぎないように

患者に接する人は、どう接するべきか悩み過ぎないようにしましょう。
普段通り自然体で接することが、なにより患者に安心感を与えます。

不安神経症を克服した方々のブログをご紹介

全般性不安障害(全般性不安症) 不安神経症を克服した方々のブログをご紹介

不安神経症(パニック障害)克服:チキ(完治します)

不安神経症を8年間患った末に克服したチキさんのブログです。
http://profile.ameba.jp/chiki-fuansinkeishou

パニック障害からうつ状態を併発した私とその克服の日々

不安障害と診断されてから数年が経過。
同じく不安障害を患っている人に向けたアドバイスや対処法がつづられています。
http://mypdlife.seesaa.net/

下田屋寛子

薬に頼らずセラピーのテクニックのみで不安神経症を克服した、カウンセラーのブログです。
http://hiroko-shimotaya.com/blog/

最終更新日: 2017-04-16

タグ:
全般性不安障害(全般性不安症) パニック障害(パニック症)

記事に関するお問い合わせ

コメント
コメントが送信されました。承認後、表示されます。

「人間関係」に関する記事

人間関係の記事は他にも多数!

不安神経症の症状をチェック!治療法はどんなものがあるの?
不安神経症の症状をチェック!治療法はどんなものがあるの?

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。