1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 歯や口の病気・症状 >
  4. ドライマウス >
  5. ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!

ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!

パソコンを始めIT機器の普及やエアコンなど家電製品の常用、そして現代はストレス社会と言われ、それに伴いドライアイがまず指摘されました。そして最近はドライマウスを訴える人も増加しています。「単なる口の乾燥」だと考えられ軽視されやすいですが、口内を乾燥させる原因は様々あり、全身的な病気によることもあります。放置しては危険なドライマウス、ここでは具体的な治療法について見ていきましょう。

1人の医師・医学生がチェック済み

ドライマウスとは

ドライマウス ドライマウスとは
出典:gahag.net

現代病とも言えるドライマウス、口腔乾燥症とも言われています。
何らかの原因で口内の唾液量が減少、乾燥することで様々な症状が引き起こされます

原因

ドライマウスの原因としては、以下のようなものがあります。

  • 薬の副作用(抗うつ剤、抗不安薬、抗パーキンソン薬、降圧剤、抗アレルギー薬など)
  • ストレス(自律神経の乱れで唾液腺の作用が弱まる)
  • 放射線治療(頭頚部腫瘍治療のための放射線照射で唾液腺の細胞がダメージを受ける)
  • シェーグレン症候群(涙腺、唾液腺などの外分泌腺が萎縮し機能低下を起こす自己免疫疾患)
  • 糖尿病(血糖値の上昇で体内の水分が尿と共に多量に排泄され脱水状態となる)
  • 脳血管障害(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血などによる神経経路障害)
  • 筋力の低下(口周囲の筋力低下で唾液腺への刺激が弱まり唾液量が減少)
  • 口呼吸(常に口が開いていることで唾液が蒸発してしまう)
  • 加齢(老化現象による唾液腺の萎縮、口周囲の筋力低下など)

症状

ドライマウスでは、以下のような症状が見られます。

  • 口が渇く
  • 唾液がネバネバする
  • 口が渇いて会話がしにくい
  • 舌が痛い、しびれる、ひび割れる
  • 味がよくわからない
  • 飲み込みにくい
  • 口内炎が出来やすい
  • 虫歯の増加
  • 歯周病の悪化
  • 義歯が合わない

唾液は、消化、粘膜保護、抗菌、洗浄、潤滑、保湿、味覚、歯の再石灰化、傷の修復作用など実に様々な働きをしています。

その唾液が減少することで、この様な症状が引き起こされてしまうのです。

病院は何科に行けば良い?

ドライマウスでは、何科に行けば良いのか迷う事もあるかもしれません。
口の問題なので、歯科口腔外科に行くのが良いですが、ドライマウスの原因によって他の科の診察も受けた方が良い場合もあります。

歯科や口腔外科

ドライマウス 歯科や口腔外科
出典:www.freepik.com

ドライマウスは、口腔疾患の一つである為、まずは歯科や口腔外科に行くのが良いでしょう。
問診、唾液腺の触診を始め、口腔内診査、唾液分泌量検査など行い、総合的に診察し原因を特定していきます。
また全身疾患が起因となり、その症状としてドライマウスが現れることが多い為、他科と連携しながら治療を進めていきます。

  • 更年期障害:婦人科
  • 薬の副作用(高血圧や糖尿病など):内科
  • シェーグレン症候群:リウマチ、膠原病科

リウマチ科や膠原病科は、設置されている病院が少ない為、一般内科にて診断を仰いだ後、紹介してもらうと良いでしょう。

この様に各科と協力しながら治療をしますが、窓口となるのは歯科や口腔外科になります。
ドライマウス外来が設置されている病院もありますし、ドライマウス研究会には全国4,200名のの歯科医師が登録されているので参考にするのも良いでしょう。
http://www.drymouth-society.jp/

耳鼻咽喉科:鼻炎などで口呼吸になっている場合

鼻炎やアデノイドなど、鼻の詰まりで口呼吸になりドライマウスになっている場合は、耳鼻咽喉科を受診しましょう。
鼻呼吸が出来るようになり口呼吸をしなくなれば、ドライマウスの改善がみられるでしょう。

心療内科:ストレスが原因の場合

ドライマウス 心療内科:ストレスが原因の場合
出典:www.freepik.com

ドライマウスは、唾液腺から分泌される唾液の減少により引き起こされます。
唾液腺は、自律神経のうち身体をリラックスさせる副交感神経が司っています。
ストレスを受けていたり、精神的に不安定な場合は、自律神経のうち交感神経が優位に働きます。
交感神経は、身体を緊張状態にさせる為、唾液の分泌も減少してしまいます
家庭や職場などで強いストレスを受けている、強い不安症状、抑うつ症状などがある場合は、心療内科または精神科で精神面からのアプローチも必要になります。

治療について

ドライマウス 治療について
出典:www.freepik.com

ドライマウスの治療は、唾液の分泌を促し口内を乾燥から守れるようにアプローチしていきます。
それでは、具体的な治療法について見ていきましょう。

薬物療法

唾液腺の機能障害には:①唾液分泌促進剤

唾液腺自体の機能障害が原因の場合、唾液を生成、分泌できない為、唾液分泌促進剤を使用することがあります。
放射線性ドライマウス(頭頚部の放射線照射による唾液腺障害に基づくもの)、シェーグレン症候群などが該当します。
3ヶ月~1年程度の服用期間になります。
副作用もあり、多汗、下痢、頻尿などが見られます。

  • セビメリン塩酸塩水和物:エポザック(第一製薬) サリグレン(日本化薬)
    唾液分泌刺激薬として最も多く使用されています。
    シェーグレン症候群に起因するドライマウスにのみ保険適用されます。
    ドライマウスの症状のみでは保険適応されません。

  • ピロカルビン塩酸塩:サラジェン(キッセイ)
    サリグレンやエポザックより短期間で唾液増量効果が見られます。
    ドライアイにも効果があると言われています。
    シェーグレン症候群、放射線性ドライマウスが保険適用対象になります。

唾液腺の機能障害には:②人口唾液(医薬品)

人口唾液は、唾液を補充する為に使われます
医薬品として販売されている物は「サリベートエアゾル(帝人ファーマ)」のみになります。
健常者の唾液成分を基本にして作られている為、重度のドライマウスには効果が思うように現れないかもしれません。
通常1回1~2回秒間口腔内に噴霧します。
1日4~5回噴霧するのが目安となります。
副作用として、じんましん、かゆみ、吐き気、腹部膨満感、口内痛などが見られます。
副作用にも注意した上で、医師の指示に従い使用しましょう。
シェーグレン症候群、放射線性ドライマウスに保険適用されます。

カンジダ症には:抗真菌薬の投与

口腔カンジダ症は、唾液の減少で本来は口腔内の常在菌であるカンジダ菌が異常増殖し感染症状を起こすものです。
白っぽい点状の白苔(白い膿のようなものが口の中に付着したもの)が粘膜表面に発生します。
この場合の治療には、抗真菌薬が処方されます。

  • ミコナゾールゲル:フロリードゲル(持田製薬)
  • イトラコナゾール:イトリゾール内用液(ファーマ)
  • アムホテリシンB:ファンギゾンシロップ(ブリストル・マイヤーズスクイブ)

などがあります。

漢方薬

ドライマウス 漢方薬

漢方薬もドライマウスに有効で、症状緩和に広く使われています。

唾液分泌促進剤に比べると副作用が少ないのが利点です。
漢方薬を使用したい場合は、どこでも取り扱っているわけではない為、漢方薬を処方してくれる歯科を探してから受診した方が良いでしょう。

麦門冬湯

咳や気管支炎などに効果があります。
気管支炎では、気管や口内が乾燥状態になり咳が誘発されます。
その乾燥を改善する効果がある為、ドライマウスによる乾燥にも有用性があります。

白虎加人参湯

皮膚のかゆみや身体の熱感を抑制する効果があります。
熱感はストレスや疲労で生じ、エネルギーを過剰に消耗している状態です。
この状態では、身体が緊張状態で口内も水分不足で乾燥しています。
この熱感を抑えてくれる為、口内の乾燥の改善につながります。

柴苓湯

柴苓湯は、小柴胡湯と五苓散を混合した薬です。
小柴胡湯は炎症を抑え、五苓散は口内の乾燥、咳などの症状の改善効果があります。
ドライマウスにとても有効な薬であると共に、五苓散は保険適用される為、治療費も抑えられます。

唾液腺マッサージ

ドライマウス 唾液腺マッサージ

唾液を分泌する器官である唾液腺を刺激することで、唾液の分泌を促すことが出来ます。

多量の唾液を分泌する3つの大唾液腺(耳下腺、顎下腺、舌下腺)をマッサージしてみましょう。

耳下腺のマッサージ

ドライマウス 耳下腺のマッサージ

耳下腺は、耳の入り口前方~耳たぶ下部にかけてあります。
4本の指を揃え、耳たぶの前方にあて、円を描くように回し、軽く圧迫しながらマッサージします。
5~10回ずつ行いましょう。

顎下腺のマッサージ

ドライマウス 顎下腺のマッサージ

顎下腺は、顎の骨の内側に沿って両側にあります。
親指を顎の骨の内側にあて、耳たぶの下~顎の先まで5箇所位を軽く押しながら親指を動かしていきます。
5~10回ずつ行いましょう。

舌下腺のマッサージ

ドライマウス 舌下腺のマッサージ

舌下腺は、顎先の内側にあります。
親指を揃えて顎の下にあて、下から押し上げる様にゆっくり押します。
5~10回ずつ行います。

口腔乾燥緩和の為の口腔ケア

口腔ケアは、大きく2つのケアに分けられます。
①器質的口腔ケア:口腔の清掃を中心とするケア

  • 歯みがき、歯間ケア
  • 義歯の清掃 など

②機能的口腔ケア:口腔の機能訓練を中心とするケア

  • 顔面体操
  • 舌体操
  • 唾液腺マッサージ 
  • 口腔マッサージ など

この様な口腔ケアを行う事は、唾液腺に刺激を与えることになり唾液の分泌を促す効果があります。
器質的口腔ケアで口内の清潔を保つのはもちろん、機能的口腔ケアを積極的に行う事で歯、舌、頬などの口腔機能が向上し、QOLを高め健康維持につながります。

顔面体操・舌体操

ドライマウス 顔面体操舌体操
出典:www.jfohp.or.jp

顔面には表情を作る表彰筋が約30種類ありますが、日常的には20%程度しか使われていません。
この表情筋を意識して動かすことが、顔面体操です。
目を強く開閉する、口を大きく開ける、頬を膨らませて口を左右に動かすなどの動作を繰り返します。
舌体操は、舌を思い切りべーっと出す、上下左右に動かすなどの動作を繰り返します。
この様に顔の筋肉や舌を動かすことで、唾液腺に刺激が行き唾液分泌が促されます。

日頃から表情豊かに感情表現したり、はきはき話すことを実践すれば、自然に顔面筋はトレーニングされていることになりますね。

口腔マッサージ

口腔マッサージは、口内の粘膜をマッサージするものです。
粘膜にも小さい唾液腺が毛細血管と同じように存在しています。
頬の粘膜をマッサージすれば唾液腺への刺激となり唾液分泌が促進されるようになります。

人差し指の腹の部分を、ほほの粘膜に当てて、内側から外側に向かって上下に刺激します。

10〜20秒マッサージしたら逆のほほをマッサージします。
こうした左右交互に2分ほどマッサージしましょう。

マッサージをしていると、サラサラとした唾液が分泌されて、口のなかが潤ってきますよ。

引用元: www.houmonshika.org

マウスピースのような保湿装置

ドライマウスは、口腔の保湿が治療の基本となります。
強い乾燥がある、睡眠中に口が乾燥するという人には、マウスピースの様な保湿装置が効果的です。
モイスチャープレート、モイスチャートレーと呼ばれています。
形は歯ぎしり防止用のナイトガードと似ており、装置の中央に小さな穴があり、そこに保湿剤を入れると、ゆっくりと保湿剤が浸み出し、口内が潤うという仕組みです。

ガム

ドライマウス ガム
出典:photosku.com

ガムを噛むことで唾液腺が刺激され、唾液の分泌が活発になります。
食事前にガムを噛むと口内が潤い、食事が摂り易くなります。
また、口を動かすことで口周囲の筋肉が使われ筋力がつき、咀嚼力、嚥下力の向上にもつながります
虫歯予防効果のあるキシリトールガムが良いでしょう。

マウススプレー

マウススプレーを使用し、保湿する方法もあります。
医薬品では「サリベートエアスプレー」がありますが、シェーグレン症候群と放射線性ドライマウス以外は保険適用されません。
市販されているマウススプレーでは、保湿成分yーPGA(ポリグルタミン酸)配合のものが効果的です。
PGAは納豆の粘着成分から抽出されたアミノ酸の一種です。
人にも環境にも無害で、食品用として増粘剤や安定剤、化粧品、衛生用品、水処理剤など幅広い用途があります。
そして保湿作用に加え、持続的な唾液分泌を促す効果も示唆されている為、ドライマウスの症状に改善効果が期待されます。

口コミでおすすめのものは?

口コミランキングで人気のマウススプレーを見てみましょう。
①アクアバランス 薬用マウススプレー(ライオン)
保湿成分のyーPGA(ポリグルタミン酸)配合。
保湿と唾液分泌促進作用があります。

②オーラルピース マウススプレー(株式会社トライフ)
口腔ケア用天然製剤「ネオナイシン」配合。
水と植物性原料のみで作られています。
低刺激、アルコールフリーで乳児からお年寄りまで安心して使用できます。

③マウスピュア 口腔ケアスプレー ほのかな甘味(カワモト)
液の拡散性が良く口内にまんべんなく広がります。
誤嚥を防ぐため液に適度な粘性がついています。

④ケアハート 口腔専科 お口潤うスプレー(玉川衛材)
湿潤成分のリピジュア(R)(ポリクオタニウム-51)配合。
水分の蒸発を抑えて潤いを与えます。

⑤オーラルプラス 口腔用スプレー うるおいミスト(和光堂)
保湿成分のヒアルロン酸、トレハロース配合。
食品用原料のみ使用、ノンアルコールで低刺激。
アクアミントの香りで口臭予防も出来ます。

家庭でできるマウススプレーの作り方

ドライマウス 家庭でできるマウススプレーの作り方
出典:gahag.net

精油を使い口内の乾燥、それに伴う様々な症状を和らげるマウススプレーを手軽に作ることも出来ます。
アロマセラピーというと香りによるものを連想しますが、その成分を利用してマウススプレーとして使います。
効能に合わせた精油を使う事で、様々アレンジが出来ます。

●材料● 30㏄基準
精製水     27㏄
無水エタノール 3㏄
精油      4~6滴
スプレー容器(30㏄)

●作り方●
①無水エタノールに精油を滴下する
②精製水を加えてよく混ぜる
③スプレー容器に入れて出来上がり

●精油の効能について●
口臭予防:ペパーミント、ベルガモット、レモンなど
口内炎:スイートオレンジ、レモン、ベルガモット、ティーツリーなど
風邪予防:ユーカリ、ペパーミント、ティーツリーなど
歯周病:ラベンター、サイプレス、カモミールなど

  • 精油は水に溶けにくいので無水エタノールを使用します。
  • 精製水や無水エタノールは薬局で販売しています。
  • 保存期間は2~3週間です。
  • 使用前良く振ってから口内に1~2回スプレーします。

その他のジェルやスプレー

口腔ケア用のアイテムにはジェルタイプもあります。
日中はスプレーで手軽にケア出来ますが、就寝中の乾燥はなかなか防げません。
ジェルタイプの保湿剤を就寝前に塗ることで、長時間の効果が期待でき、翌朝の不快感も改善されます。
要介護の高齢者の方など、セルフケアが困難な場合も誤嚥予防の為、ジェルタイプが安心です。
販売されている代表的な商品には以下のようなものがあります。

コンクールマウスジェル(ウエルテック)

コンクールマウスジェル

コンクールマウスジェル

1,616円

■伸ばしやすいジェルタイプ
■お口になじみやすい
■甘さ控えめの味
■コンクール マウスリンスとの併用がお勧めです
■ワンタッチ式キャップのラミネートチューブ

お口を浄化したい
口臭を予防したい
乾燥を防ぎたいと感じる方
「お口の潤い簡単ケア」をしたい方

清潔にした指に適量を取り、お口に含み、まんべんなくいきわたらせた後、吐き出してください。
口内の大きさやお口の状態には個人差がありますので適度に量を調整してください。

サイトで購入

唾液類似成分のホエイタンパク、ヒトオリゴペプチド、ラクトフェリン、保湿成分にはアロエベラ液汁末を配合。
粘膜にもさらっとなじみ口内を乾燥から守ります。
ホエイタンパクには、ラクトペルオキシダーゼ、リゾチームも含まれ清掃助剤として効果を発揮します。

バイオティーン オーラルバランス(グラクソスミスクライン)

バイオティーン オーラルバランス ジェル 42g

バイオティーン オーラルバランス ジェル 42g

1,264円

渇きがちなお口のうるおいケア、バイオティーン シリーズのオーラルバランス ジェルです。
お口にうるおい感を与える透明ジェル。
パラベン・色素・香料を含んでいない、お口にやさしい処方。
オーラルリスクを考え、pHを唾液と同じ中性域にしています。
キシリトール(甘味剤)配合。

バイオティーンは渇きがちなお口のことを考えた口腔ケアブランドです。
アメリカやカナダ、ヨーロッパ、アジアなど世界数十カ国で販売されています。

サイトで購入

口内が酸性に傾くことでの歯へのダメージを防ぐため中性域のpHを守り、口内を潤し浄化します。

オーラルジェル(テルモ)

テルモ オーラルジェル保湿用

テルモ オーラルジェル保湿用

1,522円

口腔内の乾燥に。
口にやさしい口腔保湿ジェル。
パイナップル味

サイトで購入

卵黄由来の湿潤成分オーバルゲンCA配合。
汚れをやわらげて落としやすくします。
ジェル状だから汚れを集めやすく、すすぎができない方の口腔ケアにも最適です。

オーラルアクアジェル(ジーシー)

オーラルアクアジェル 40g(35ml) プレーン

オーラルアクアジェル 40g(35ml) プレーン

754円

唾液に注目した、新しい口腔ケア製品「オーラルアクアジェル」。
しっとりジェルが口腔内のうるおい浄化を助けます。
pHはほぼ中性のため、長時間の使用でもむし歯のリスクが高まる心配はありません。

サイトで購入

湿潤成分ジグリセリンによって口内を潤し、汚れを落とし浄化を助けます。

口臭予防スプレーなども

口臭を改善するスプレーも多々販売されています。
スッキリさせるためメントール成分が配合されていることが多いですが、口内の乾燥が強いと刺激が強いかもしれません。
低刺激のものを選んだ方が良いでしょう。

セルフケアも重要!知っておきたい予防方法

ドライマウスは放置しておくと、どんどん進行してしまいます。
最近、口が乾きやすい、粘つくなどの症状が現れたなら、初期症状かもしれません。
ドライマウスは日常の中で少し意識していくと、改善できることもあります。
口内環境は健康に直結します。
健康維持の為、日常生活の中にセルフケアを取り入れて行きましょう。

食べ物をよく噛む

ドライマウス 食べ物をよく噛む
出典:gahag.net

咀嚼をすることで、口周囲の筋肉が知らず知らず鍛えられます。
そして筋肉が良く動き唾液腺が刺激され、唾液分泌が活発になります。
現代は食生活全体が軟食になってきていますが、歯ごたえや噛みごたえのあるものを意識して取り入れ、よく噛んで食べる習慣をつけたいものです。
口周囲の筋力が向上すれば、自然と口も閉じられ鼻呼吸となり口呼吸の予防にもなります。

水分補給をしっかりと

ドライマウス 水分補給をしっかりと
出典:www.freepik.com

現代社会は水分が失われやすい環境になっています。
エアコンの常用で空気は乾燥しています。

またテレビ、パソコン、スマートフォンの長時間使用は、目など粘膜が乾きやすくなります。
口だけでなく身体全体が乾燥し易い環境である為、意識して水分を補給するようにしましょう。

口呼吸より鼻呼吸

口呼吸の癖があったり、鼻の疾患、夜間いびきをかく人などはどうしても口呼吸になってしまいます。
常に口が開いた状態となり、唾液が蒸発し乾燥しやすくなります。

また口周囲の筋力が低下し、咀嚼力、嚥下力も弱まってしまいます。
口を動かさないと唾液腺が刺激されない為、唾液の分泌も低下します。
鼻の疾患がある場合や、いびきをかく人などは、まず耳鼻科で治療してもらうことが大切です。

口呼吸が習慣になってしまっている場合は、口を閉じることを意識し鼻呼吸を心がけましょう。

規則正しい生活を

ドライマウス 規則正しい生活を
出典:www.freepik.com

ストレス社会を言われる現代。
ストレスを受けていると自律神経が乱れ、ドライマウスを始め体の不調を起こしやすくなります。
そして社会全体が夜型化し、不規則な生活になりやすく、これも自律神経の乱れにつながります。
一日のリズムを決め、睡眠の質を高める、栄養バランスを考えた食事、適度な運動を心がけ、自律神経を整えましょう。
趣味生活の充実や家族や友人との楽しい会話など、自分なりのストレス解消法を見つけることも大切です。

まとめ

ドライマウスを始め、以前から言われているドライアイ、そしてドライスキンなど、乾燥状態を呈する症状が増加、併発している場合も多く見られる為、ドライシンドロームとして総合的に考えるようになりました。
乾燥症状はそれぞれ日常生活に支障を来し、ドライマウスにおいては、食生活に直結してきます。
口内の健康が身体全体の健康維持につながります。
原因に合わせた治療法でドライマウスを改善し、生き生きとした毎日を送れるようにしましょう。

最終更新日: 2017-04-16

タグ:
ドライマウス

記事に関するお問い合わせ

コメント
コメントが送信されました。承認後、表示されます。

「歯や口の病気・症状」に関する記事

歯や口の病気・症状の記事は他にも多数!

ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。