1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 内臓の病気・症状 >
  4. >
  5. 痔核 >
  6. 脱肛 >
  7. 脱肛の原因と治し方とは?薬で治したいけど手術は必要?

脱肛の原因と治し方とは?薬で治したいけど手術は必要?

みなさんは脱肛(だっこう)という病気はご存知でしょうか。あまり聞きなれないかもしれませんね。でも、いぼ痔ならご存知の方も多いですよね。実はいぼ痔が進行した状態も脱肛の1つです。いぼ痔があっても恥ずかしくて病院には行けず、脱肛になってしまっている人は多いのではないでしょうか。今回はそんな脱肛についてお話します。

1人の医師・医学生がチェック済み

脱肛とは

脱肛 脱肛とは

脱肛とは、肛門粘膜脱とも呼ばれており、肛門や直腸の下の方粘膜が肛門の外に脱出てしまう状態です。

脱肛は、加齢によって肛門括約筋(肛門を締める筋肉)と肛門や直腸の粘膜を支えている組織が弱くなることによって起こる場合や、肛門の手術の後遺症などによっても起こりますが、最も多いのはいぼ痔が進行して起こるものです

内痔核(いぼ痔)との違いは?

脱肛 内痔核(いぼ痔)との違いは?

内痔核(いぼ痔)とは、排便時の負荷などによって肛門内の粘膜下にある静脈叢(静脈の集まり)がうっ血してできた、いぼ状の腫れのことで、痛みはあまりありませんが排便時に出血することがあります。

そして、この内痔核が進行して大きくなり、排便時などに肛門外に出てしまうようになった状態が脱肛(肛門粘膜脱)と呼ばれるものです。

脱腸・直脱腸とはどう違う?

脱肛 脱腸直脱腸とはどう違う?
脱肛 脱腸直脱腸とはどう違う?

脱腸・直腸脱とは、直腸やS状結腸を支えている組織が弱くなって直腸やS状結腸が下垂してしまい、これに肛門括約筋(肛門を締める筋肉)の働きが弱くなることで、直腸が肛門外に出てしまった状態です。

脱肛(肛門粘膜脱)では、肛門や下部直腸の粘膜が肛門外に脱出する状態なのに対して、脱腸・直腸脱では、直腸自体が肛門外に反転して全周囲において脱出するため、画像のように同心円状のヒダが見えるのが特徴です

大腸癌との違いは?

大腸癌は、内痔核(いぼ痔)と間違えられやすい病気です。

特に直腸に発生した場合には、内痔核ができる場所と同じであるため、血便や残便感などの症状もよく似ています。

しかし、内痔核はうっ血して出来ているため出血する場合は便器が真っ赤になるほどの出血がありますが、大腸癌の場合は便に血がついている程度です。

ただし、大腸がんと内痔核を併発している場合には出血の程度だけでは判断できないため、肛門科などの専門医の検査を受ける必要があります。

原因は?

便秘

脱肛 便秘

脱肛(肛門粘膜脱)の主な原因となる内痔核(いぼ痔)は、肛門粘膜がうっ血することによって発生しますが、うっ血の主な原因は排便時の息みです。

便秘がちな人は普段から排便時に息むことが多くなりますが、息むことによって肛門周囲に血液が停滞してしまい、これを繰り返すことによって肛門粘膜下の静脈が膨らんでしまい(静脈溜)、内痔核が出来てしまいます。

また、便秘による水分を失った硬い便が直腸粘膜を傷つけてしまうことによって、炎症を起こしてしまうことも内痔核ができる原因の1つと考えられています。

下痢

脱肛 下痢

下痢が原因となることもあります。

下痢が長期間続くことによって排便回数が多くなり、肛門粘膜が過剰に刺激を受けるだけではなく、お腹の不快感や残便感から全部出してしまおうと息んでしまうのが原因です。

ストレス

脱肛 ストレス

ストレスは、下痢や便秘の原因となることがあります。

ストレスによって自律神経が乱されてしまうと、胃や腸が正常に機能しなくなり下痢や便秘を起こしてしまいます。

緊張するとお腹が痛くなるという人もいるかと思いますが、これも緊張というストレスによって起こっている現象です。

中でも、慢性的にストレスを感じていたり、些細なことで過敏に腸が反応してしまい、便秘や下痢を繰り返してしまう(過敏性腸症候群(IBS))場合は、脱肛(肛門粘膜脱)にも注意が必要です。

妊娠・出産

脱肛 妊娠出産

妊婦は出産時に長時間息むため、産後に脱肛(肛門粘膜脱)になりやすいのですが、実は妊娠中にも脱肛になりやすい時期があります。

それは、胎児が大きくなる妊娠後期です。

胎児が大きくなると肛門や直腸周囲が圧迫されてうっ血しやすくなり、内痔核(いぼ痔)がどんどん大きくなって脱肛になってしまうことがあります。

加齢

脱肛 加齢

加齢によって、肛門や直腸の粘膜を支えている組織が弱くなると肛門粘膜が下垂し、さらに肛門括約筋(肛門を締める筋肉)が弱くなることによって肛門粘膜が肛門外に出てしまいます。

過度な飲酒

脱肛 過度な飲酒
出典:zi.464193.com

腸管を流れている血液は、門脈という血管に集まって肝臓に運ばれますが、過度な飲酒によって肝機能が低下すると門脈に血液が停滞し、肛門周囲でうっ血が起こりやすくなります。

デスクワーク

デスクワークでは長時間座っていなくてはいけないため、肛門周囲が圧迫されてうっ血しやすくなります。

子供や赤ちゃんも脱肛になるってホント?

脱肛 子供や赤ちゃんも脱肛になるってホント?

子供や赤ちゃんも脱肛になることがあり、小児脱肛と呼ばれています。

小児脱肛は内痔核(いぼ痔)によることは少なく、生まれつき直腸の支持組織が弱かったり、肛門括約筋の働きが弱かったりといったことに加えて、排便時の息み方の加減が分からずに肛門粘膜が脱出してしまうことが多いようです。

支持組織や肛門括約筋の弱さは成長と共に改善されることが多いので、息まないようにすることが大切です。

症状は?

かゆみと痛み

肛門粘膜が肛門外へ脱出することで、粘膜が刺激を受けて分泌物を増加させると、その分泌物が肛門周囲に付着することで湿疹が出来てしまい、かゆみや痛みが現れることがあります

この湿疹は、分泌物をきれいに洗浄したり拭き取ることによって緩和することができますが、あまり過度にやりすぎると肛門周囲がカサカサに乾燥してしまい、それによってかゆみや痛みが起こることもありますので、注意してください。

痛みはない場合も

脱肛 痛みはない場合も

脱肛(肛門粘膜脱)によって脱出する粘膜周囲の組織には、もともと知覚神経があまり発達していないため、病変が粘膜の外側にある肛門上皮にまで及ばない限り、あまり痛みはありません。

便意はあるのに便が出ない

内痔核(いぼ痔)が大きくなると、実際には便がないのにもかかわらず、からだが肛門付近に便があるのだと勘違いしてしまい便意を催してしまいますが、便がないので便は出ないという症状が見られます。

便が出ても残便感ある

残便感も便意と同じように、内痔核(いぼ痔)があることによって体が便が残っているのだと勘違いすることによって起こります。

出血と腫れ

出血は、内痔核(いぼ痔)が便や息みなどによって傷つくことで起こります。

内痔核自体がうっ血して出来ているため、真っ赤な血がポタポタ落ちるような出血やプシューと飛び散るような出血が起こります。

また、内痔核が脱出した状態が続くことによって、肛門括約筋(肛門を締める筋肉)で締め付けられてさらに血流が悪化し、血栓などが出来てしまうと、内痔核だけでなく肛門周囲まで腫れてしまい、内痔核を元に戻せなくなる嵌頓痔核という状態になることもあります。

脱肛になった時の応急処置と対処法

脱肛 脱肛になった時の応急処置と対処法

脱肛(肛門粘膜脱)になったときは、嵌頓痔核にならないためにもできるだけ早く元に戻す整復が必要となりますので、その方法をご紹介します。

脱肛の戻し方、入れ方

1.まずは指、手を清潔に

まずは手、特に指先を綺麗に洗います。

特に指先は直接触れるところなので念入りに洗い、出来れば消毒もしておくと安心です。

2.体勢を仰向けに

次に仰向けに寝転がって足を曲げ、腰の下に座布団などを入れてお尻を高くすると還納しやすく(戻しやすく)なります。

3.指で押し込んで戻す

そして、ワセリンやオリーブオイルなどを塗ったガーゼを内痔核(いぼ痔)等に当て、指先で少しずつ押し込んで還納していきます。

内痔核が数個あり、一度で戻らない場合はこれらの作業を繰り返して還納していきますが、その際一旦還納した内痔核が出て来てしまう場合は、反対の手でもガーゼを持って押さえておくと良いでしょう。

4.お尻をキュッと締める

最後はお尻をキュッと締めて肛門括約筋(肛門を締める筋肉)を働かせ、元々あった場所まで戻せれば違和感もなくなり完了です。

戻らない場合のコツ

このようにしても戻らない場合にはいくつか原因が考えられますが、まず1つは肛門括約筋(肛門を締める筋肉)が緊張してしまっている場合です。

その場合にはまずは深呼吸をして、ゆっくりと息を吐きながら先程のようにすれば戻しやすくなります。

もう1つは、内痔核(いぼ痔)が乾いてしまっている場合で、この場合はワセリンやオリーブオイルを肛門と内痔核の境目にも塗ってあげると戻しやすくなります。

放置して自然治癒することはある?ない?

脱肛(肛門粘膜脱)は、内痔核(いぼ痔)や肛門粘膜が脱出してしまう症状ですが、内痔核や下垂した肛門粘膜が自然治癒することはほとんどありません
(小児脱肛は成長と共に自然治癒することが多い)

しかし、内痔核は生活習慣の改善などによって小さくすることはできるため、初期の脱肛であれば脱肛しない程度にまで改善することは可能です。

脱肛の予防と対策方法

生活習慣の見直し

脱肛を防止するために最も大切なことは、便通を良くするということです。
便秘も下痢もいけません。

食物繊維をしっかりと摂取するように心がけ、適度な運動も自律神経を整えるため便秘の解消につながります。

また、過度な飲酒は肛門周囲のうっ血につながるだけでなく、下痢を起こしてしまう場合もありますので適度な飲酒を心がけましょう。

その他、長時間続けてのデスクワークは避けて休憩を取ったり、排便時は出来るだけ息まないように心がけることも大切です

脱肛を運動で改善!

脱肛(肛門粘膜脱)の原因の1つに肛門括約筋の筋力低下があります。

特に、排便時以外にも脱肛してしまう場合は、肛門括約筋の筋力が低下している可能性が高いので、肛門括約筋のトレーニングを行なって症状を改善しましょう。

やり方は色々あるようですので1例だけご紹介します。

肛門括約筋を鍛える運動方法

① 肛門を2秒ずつくらい、キュッ、キュッと連続で5分くらい強く締めます

② 肛門を10~15秒くらい、ギューッと長く締め付け、5分くらい繰り返し行います

軽度なら市販薬で治ることも

軽度の脱肛(肛門粘膜脱)であれば、市販薬で脱肛を起こさない程度にまで内痔核(いぼ痔)を小さくすることも可能です。

以下に、代表的な市販薬を紹介します。

ボラギノール

【指定第2類医薬品】ボラギノールA軟膏 20g

【指定第2類医薬品】ボラギノールA軟膏 20g

1,195円

1.4種の成分がはたらいて、痔による痛み・出血・はれ・かゆみにすぐれた効果を
発揮します。
●プレドニゾロン酢酸エステルが出血、はれ、かゆみをおさえ、リドカインが痛
み、かゆみをしずめます。
●アラントインが傷の治りをたすけ組織を修復するとともに、ビタミンE酢酸エ
ステルが血液循環を改善し、痔の症状の緩和をたすけます。

2.使いやすさを考え、なめらかですべりのよい油脂性基剤を使用しています。
●刺激が少なく、油脂性基剤が傷ついた患部を保護します。
●白色~わずかに黄みをおびた白色の軟膏です。

サイトで購入

痔の薬と言えばボラギノールが有名ですが、使用方法によって軟膏、座薬、注入軟膏があり、軟膏は切痔などの場合に肛門の外側に塗るタイプとなっているので、内痔核(いぼ痔)には座薬か注入軟膏が適しています。

注入軟膏は外側に塗ることもできるので、切痔なども併発している場合には便利かもしれません。

また成分によってもボラギノールAとボラギノールMがあり(注入タイプはボラギノールAのみ)、ボラギノールAにはプレドニゾロン酢酸エステルというステロイド成分が入っていて炎症を抑える効果が高くなっていますが、患部が化膿している場合は使用できません。

プリザエース

【指定第2類医薬品】プリザエース坐剤T 10個

【指定第2類医薬品】プリザエース坐剤T 10個

1,143円

◆プリザエース坐剤Tは、つらい痛み・急な出血の痔に、痛みをおさえるリドカイン、
出血をおさえる塩酸テトラヒドロゾリン、炎症をおさえるヒドロコルチゾン酢酸エ
ステルなどの有効成分が作用し、すぐれた効果を発揮します。
◆スーッとする心地良い使用感です。

サイトで購入

プリザエースもボラギノールと同じくらい有名な痔の薬で、ボラギノールとの主な違いはステロイドの成分の違いで、こちらはヒドロコルチゾン酢酸エステルというステロイドが使われており、効果はほぼ同程度とされています。

そのほかの違いとしては、プリザエースにはメントールが配合されているのでスーッとした使用感があることと、患部の出血を抑える塩酸テトラヒドロゾリンや、細菌感染を防ぐクロルヘキシジン塩酸塩などが配合されています。

ただし、プリザエースにはボラギノールMのようなステロイド非配合のものはありません。

オロナイン

【第2類医薬品】オロナインH軟膏 100g

【第2類医薬品】オロナインH軟膏 100g

920円

にきび、吹出物には少量をかるくすりこんでください。
べとつく場合は、タオル、
ガーゼ等で拭きとってください。
きず(きりきず、すりきず、つききず)には患部を清潔にして塗ってください。

ロナインH軟膏はきず口を消毒し、化膿を防ぎます。
軽度のやけどの場合は、患部に塗ってガーゼを当ててください。
化膿を防ぎます。
ナイフ、カミソリなどによるきりキズにご使用ください。
オロナインH軟膏の殺菌
作用により化膿を防ぎます。

サイトで購入

オロナインは古くから、塗り薬の万能薬的な存在としてニキビや火傷、あかぎれ、擦り傷、水虫などにも効果があるとされ親しまれてきましたが、正式な名称を「オロナインH軟膏」といいます。

現在は痔に効果的な薬があることから効能から外されていますが、以前はCMでも痔にも効能があることが謳われていたようです。

オロナインは主に消毒液成分から出来ていることから、出血した際の消毒に効果があると思われますが、上の2つに比べると内痔核に対する効果は限定的で、座薬や注入タイプもないため使用にも適していないため、痔の薬がないときの代用品として考えるのがいいと思います。

漢方薬

【第2類医薬品】ツムラ漢方乙字湯エキス顆粒 12包

【第2類医薬品】ツムラ漢方乙字湯エキス顆粒 12包

954円

「乙字湯」は、『原南陽』という日本の漢方医が考案した漢方薬で、大便がかたく便
秘ぎみの方の「いぼ痔」、「きれ痔」に用いられています。
『ツムラ漢方乙字湯エキス顆粒』は、「乙字湯」から抽出したエキスより製した服用
しやすい顆粒です。

サイトで購入

漢方では、痔は於血(血の滞り)と考えられているため、主に血の流れがよくなる漢方薬が用いられ、一般的なものの1つに「乙字湯」があります。

この漢方薬は、便の通りをよくして排便時の痛みを和らげると共に、筋肉の緊張を高めて不意の脱肛(肛門粘膜脱)を防ぐ効果も期待できます。

他にも、それぞれの原因や痔に伴って現れている症状などによって様々な漢方薬が市販されていますので、自分に最もあったものを探したり、薬剤師さんに相談したりすることで、より良い効果が期待できます。

病院で行われる治療法

脱肛(肛門粘膜脱)になって、日常生活に支障が出るようであれば病院に行かなければいけませんが、その場合、何科に行けばいいのかというと「肛門科」や「消化器内科」になりますが、子供さんや産後の女性であればかかりつけの小児科や産婦人科で相談して紹介してもらうのも1つの方法です。

とりあえず、病院に行く前にどんな治療法があるのか見てみましょう。

薬の処方

薬による治療の場合は、市販薬と同様にステロイドを含んだ座薬や軟膏で炎症を抑えたり、便の通りを良くする内服薬、漢方薬などが処方されます。

病院で処方される治療薬は、市販薬よりもやや効果が高くなっているのが一般的ですが、すでに長期間これらの薬を市販薬で試している場合はあまり効果がないかも知れません。

注射療法

ジオン注射(ALTA)

脱肛 ジオン注射(ALTA)
出典:hachicli.or.jp

ジオン注射(ALTA)は内痔核硬化療法の1つで、内痔核に直接注射することによって痔核に流れ込む血流を遮断し、痔核を硬化(固く)することによって粘膜に癒着固定させる治療法です。

注射は1つの内痔核(いぼ痔)に対して4ヶ所行いますが、内痔核はほとんど痛みを感じないため痛みはありません。

注射後は30分~1時間の安静が必要ですが、日帰りで治療することができ、1週間~1ヶ月で内痔核は小さくなって伸びていた組織も癒着して固定されます。

1年後の再発率が16%と言われていますが、この治療自体が始まって長くないため長期で見た場合の再発率は不明です。

フェノールアーモンドオイル注射療法

この注射も内痔核硬化療法の1つで、ジオン注射よりも古くから行われています。

内痔核(いぼ痔)に5%のフェノールアーモンドオイルを注射することによって内痔核を硬化・収縮させ出血を防ぐ治療法です。

通院で治療することができますが効果は短く、1年位で再発することが多く、注射を繰り返すと効果が更に短くなってしまい、最終的に手術することになった場合に内痔核が硬くなって手術が難しくなるという欠点があります。

手術

結紮切除術

脱肛 結紮切除術
出典:www.kawahp.net

内痔核(いぼ痔)の手術で最も一般的に行われている方法が結紮(けっさつ)切除術で、内痔核の大きさに関わらず手術を行うことができ、最小限の切除で出血も少ないことが特徴です。

内痔核を外側から切開して剥がしていき、最後に内痔核につながる動脈を糸で結紮(縛る)してから内痔核を切除し縫合します。

PPH手術

脱肛 PPH手術

PPH手術は、内痔核(いぼ痔)の上部を切除し縫い合わせることによって、下垂した内痔核を引き上げ、正常な位置に戻すというもので、肛門を切開しないため術後の痛みも少なく、再発率も低い最新の治療法です。

また、粘膜を切除する際に内痔核につながる血管も切除するため、内痔核は縮小していきます。

入院期間は?手術は日帰りでもできる?

日帰り手術が出来るか、入院が必要になるかは手術内容によって異なります。

切除する内痔核(いぼ痔)が1ヶ所の場合は、日帰り手術が可能な場合が多く、翌日から普通に生活することができます。

ただし、術後の出血リスクがあるため、アルコールや刺激物の摂取、運動などには制限があります。

一方、切除する内痔核が大きい場合や2ヶ所以上の場合には入院が必要となり、その期間は状態により3~10日位になります。

痔核が大きい場合や2ヶ所以上の手術の場合は、腰椎麻酔が最も適した麻酔です。

この場合は、入院手術となります。
腰椎麻酔は、肛門を十分に弛緩させられ、バランスよく数ヶ所の切除ができ、必要かつ十分な痔核の切除が可能です。
術後は、安静にすることで、痛みを抑えることができ、排便も容易になり、創の治りもよくなります。

その期間は、病状にもより、術後3-4日から8-10日まで様々です。

引用元: www.kokomon.com

手術費用はどのくらいかかるの?

脱肛の手術として最も一般的な結紮切除術の場合、3割負担で20,000円位から、PPH手術の場合、3割負担で45,000円位の費用が掛かり、入院が必要になった場合には1週間の場合で70,000~80,000円の費用が掛かりそうです。

PPH法
当クリニックの痔手術はすべて健康保険適応です。
健康保険3割負担の患者様の場合で約4万5千円となります。
クレジットカードでのお支払いも可能です。
生命保険の手術給付金の対象にもなります。

引用元: www.oda-clinic.com

入院手術で(痔核手術/1週間入院/社会保険/本人の場合)大部屋で約70,000~80,000円、個室の場合は上記のほかに別途使用費が必要となります。

患者様の状態により料金が多少異なりますが、下記が医療保険を使い、3割負担としての金額の目安です。

•ジオン注射治療: 17,000円~
•内痔核手術: 19,000円~

手術後の注意点は?

手術後の出血は、傷口が完全に塞がるまでは多少はありますので、アルコールや刺激物の摂取、運動などは控えなければいけません。

痛みに関しては個人差もありますが、PPH手術の場合にはほとんど痛みはなく、あっても鎮痛剤で抑えられる程度ですが、結紮切除術の場合には1週間くらいは排便時などに痛みが伴うことが多いようです。

また結紮切除術では、手術痕が固くなることによって肛門が狭くなることもありますので、便が出にくかったり細くなっている場合には手術を受けた先生に相談してみてください。

最終更新日: 2016-11-20

タグ:

記事に関するお問い合わせ

コメント
コメントが送信されました。承認後、表示されます。

「内臓の病気・症状」に関する記事

内臓の病気・症状の記事は他にも多数!

脱肛の原因と治し方とは?薬で治したいけど手術は必要?
脱肛の原因と治し方とは?薬で治したいけど手術は必要?
多嚢胞性卵巣症候群を改善する!食事や生活習慣の見直しが重要なポイント
多嚢胞性卵巣症候群を改善する!食事や生活習慣の見直しが重要なポイント
肺がんの原因と症状、ステージとは?余命はどのくらい?
肺がんの原因と症状、ステージとは?余命はどのくらい?
原因不明の多臓器疾患「サルコイドーシス」ってどんな症状があるの?
原因不明の多臓器疾患「サルコイドーシス」ってどんな症状があるの?
痛みの王様【尿路結石】の症状とは?検査、治療法を詳しく解説!
痛みの王様【尿路結石】の症状とは?検査、治療法を詳しく解説!

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。